メンズ

心の病のうつ病は早期発見が大事【原因を見つけ明るい方向へ導く】

無理は絶対にしない

レディ

休息を設けよう

うつ病になったら、なぜその症状になったのか原因を追究するとともに自分自身を休ませるために休息タイムを適度に設けるようにしましょう。もちろん毎日寝るだけの生活をしているのはうつ病治療にとって良くないので、寝ているだけでなくできるだけ身体を動かすよう努力をすることも大切です。毎日太陽の光を浴びることでセロトニンの分泌をすることができ、心をリラックスして前向きな考えになりやすいといわれています。うつ病になると心が鬱になって外に出たくないという欲求が働いてしまいますが、できれば外に出て太陽の光を浴びることや身体を軽く動かすなど、うつ病改善のための努力をしておくことが大切です。うつ病は無理をしてはいけないので、無理やり外に出ると逆効果になってしまいます。心の余裕が持てたときに外へ出てみるのが良いでしょう。無理をしすぎると余計に症状が悪化して更に家に閉じこもってうつ病の治療をしたくなくなってしまいます。うつ病の原因がストレスなら休息をつくることで心身ともにリラックスをすることができます。軽度なら休息タイムを設けることで徐々に症状改善をしていくことができるでしょう。

生きる価値に疑問

発症する原因によっても違いますが、うつ病になると生きていることにも疑問を抱いてしまいます。重度のうつ病になると生きていることに対しての疑問を抱くようになり、生きている価値がないのではないかと自殺に手をかけてしまう人もいるのです。重度のうつ病患者はそうした行動をとりやすくなるため、なるべく一人にせず誰かが傍についている状態をつくるようにしましょう。精神的に落ち着かず死にたいという気持ちが積もりに積もったことが原因で自殺願望が強くなってしまいます。心療内科で精神を落ち着かせるための薬を服用することや、リラックスタイムをつくることで自殺願望を少しずつなくしていくことができるでしょう。重度のうつ病はこうした行動に陥りやすいため注意が必要です。